薄毛とホルモンの関係

薄毛とホルモンの関係は密接なものがあることはもはや定説となっています。それは薄毛が男性に多く見られる現象だからです。女性にももちろん薄毛で悩んでいる人は大勢います。しかし、それは病的なものもあればストレスや生活環境によるものが多く、それを解消するだけで髪の毛はまた生えてくるのです。
回復がほとんど見込まれない男性と比べても女性の場合はそのほとんどのケースで薄毛から解消できるといわれています。薄毛に対するメカニズムが男性と女性では根本の部分から違っていることも一つの要因です。それはとりもなおさずホルモンの影響です。

男性ホルモンが頭髪に大きな影響を与えることはすでに周知の事実といえます。それではこの男性ホルモンの働きを抑えてしまうと薄毛に効果があるのでは?という考えはある意味正しいといえるのです。しかし男性ホルモンをシャットアウトしてしまうと他に問題が出てきてしまいます。それは男性機能の減退です。早い話が勃起不全になってしまうのです。

男性機能を捨ててまで薄毛対策をするのかと言ってみれば究極の選択を迫られることもあるかもしれません。それだけ男性ホルモンの働きは大きなものがあるということですね。

実際には男性機能よりも薄毛対策をとる人も多いという調査結果もありますから時代の変遷を感じてしまいます。男性機能を維持しながらも薄毛対策もしっかりするということが育毛剤の本来の働きといえるかもしれませんね。

カテゴリー: 健康   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>